ひさしぶりです

2019,05,04晴れ後曇り

 2年程体調今一つ渓に浸かる回数も減った事もあり何年振りだろうか久しぶりに両友と同行出来る事になりました。AM5時30分、カズさん・goo〜さんと清水港にて待ち合わせて塩の道を北上した。

 天気予報では午後雷になる可能性が高く甲斐の北部あるいは信州へ向かう策が頭に浮かぶ・・・・雷を避けるか?GWの渋滞を避けるか迷った末、当初の近場を選択する事にした。

 早朝の出陣・中部横断道に乗り目的の渓にはかなり早めに到着できたのだがやはりGW中盤である先行者の車が一台、しばし林道を歩き入渓点を目指す・・先行者の影は見当たらなく当初考えたポイントから入渓出来た。

 

 3人で交代に釣り上がる、水温・天候共に問題はないのだが

 魚の反応は限りなく薄い,この処絶好調のカズさんだけは早々に姫の付き場と毛バリも見切りポツポツと姫にご対面が許された、午前中のお爺は毛バリの下で動く影×2と何とかギリ面会を許されるにとどまった💦

 

 AM何とかご面会を許されたが・・・スレきっているのだろうか?

一人黙々と釣り上るのも良いが大勢でわいわいと溪を歩くのは楽しくベテランの釣りをじっくり後ろから見学できるのは非常に貴重で参考になり大いに勉強させて頂いた。

 

  目の前の姫に気を取られると稀に木が釣れることもある。

 

 岩魚ポイントでも挨拶は姫様が代行してくれた岩殿は何処へ

 

 丁寧な攻め方とポイントの見極めは流石であり釣果にもその答えがでている様でした。

 ひさしぶりに両先輩と溪を歩き山菜や毛ばり・フロータント・アプローチ等々たいへん参考にさせて頂きました、この日岩魚のご機嫌が悪く、混生の渓で岩魚の多いポイントのハズだったがこの日両友にも1匹づつと岩魚の不思議はベテランでも答えは見つからなかった様だ。

 午後から雷が遠くで響く程度と濡れる事はなく厳しい結果ではあったがGWの最中釣り人渋滞にも合わず、早めに帰ってゆっくりビール片手に一人本日の反省会を行う事ができました。

 

 カズさん・goo〜さん一日お付き合い頂き有難うございました又宜しくです〜。

こなゆき

2019,04,27曇り 

 AM5時若邸を廻り塩の道を北上する、GWの渋滞も心配されチト早めに出陣した。天気予報は晴れ但し寒波が日本海側〜東北・北海道にかかり、目的の信州も最高気温11度と少し冷え込む予報であった。

 下部温泉から新しい塩の道(中部横断道)を北上して7時前には甲州街道へ抜ける、車は多いが渋滞はなく順調に諏訪方面を目指して高速を降り峠を越えて目的の溪へ8時頃には到着出来た。

 えっ・・下流は泥濁り?昨年秋も途中の支流から濁りが入っていたのだが、工事看板には上流で土砂崩壊があり工事中である、但し本日は通行止めが解除(GW中?)になっている知らせがあった。ありゃー渓を変更するしかないのか?購入した釣り券も紙くずになってしまうのか・・・💦

 

 泥濁りは昨年同様途中の支流からの流れ、上流は濁りもなく出陣式が出来ました。

 

 水温6℃外気温7℃・陽が出てくれれば何とか姫のご機嫌が良くなりそうである!

ゆるい流れのスジに定位するマズマズの型を見つけるがまったくドライフライには反応してくれない、若がニンフを沈めて反応をみるものの警戒してしまったのか姿が見えなくなってしまった。

 

 流れのほとんどない落ち込みの脇へ長く毛ばりを浮かべるとなんとか♪

 

 暫くして 若にも岩殿が挨拶に来てくれました!

 

本日は岩魚dayの様であります、姫の姿を確認する事はできませんでした。 

 

 稀に陽が差すと暖かいのだが午後からは桜ではない白い花が舞ってきた

太陽が隠れるとすぐに気温が下がり又陽が出ればすぐに温度が上がる2〜3°気温の変動を繰り返すと思われた、お日様の力を改めて感じる。

 

 凍える様な寒さのなか岩殿の挨拶を頂き何とかサイズUP出来ました。 

 

 頭の中でBGMが流れていた・・粉雪〜舞う季節はいつも〜♪ 水の冷たさと雪が舞う寒さに負けて4時前には溪を上がって本日チト早めですが撤収〜車の温度計は1度を表示・・・壊れたか?4月末のGW最中なのですが?

 若様一日ありがとさんでした〜また暖かくなりましたらリベンジしましょ〜

 

 帰り道八ヶ岳Pにてミニひらたけ丼付きそば定食(以前は舞茸丼でしたがひらたけ丼も美味でした!)を頂き清水港へ

 

 

やっと片目が

2019,04,20(土)晴れAM5:30塩の道を北上

 

 本日単独出釣、いつもなら近場のホーム(F川支流)を彷徨っている時節であるが解禁より1〜2の姫にしか面会を許されない出釣が続きここ2週は連続無魚(一日彷徨って生命反応1回)・・・あえいでおります。ブログを書く意欲も失せて(言い訳がましい文面になりどうにも書く気になれず)

 そげな状況に例年なら峡北遠征にはひと月早いこの時期ですが出釣に行ってきました、中部横断道が2区間手前から乗れるようになり時間短縮で8時過ぎにはポイントに到着できました。中流域のポイントには先行者の車がポツポツと見受けられ気が付けば車止めまで来てしまった、駐車場から溪を覗くと朝一入渓していた地元のエサ釣り師が1人今日はもう帰ると上がってきた・・・魚が動かないので早々に撤退するという、ウェーダーを履き支度をしているとまた一人今日はダメだと下流へと撤収していった。

 そんな訳で先行者はいなくなり上流域を一人占拠出来る事となったのだがまったく魚が動かないという情報に本日も無魚るかも・・・不安な思いに占拠される。

 少しでも水温が上がりそうな支流を2~300m歩いてみたが生命反応は無く、本流へ戻って先ほどの先行者が歩いたという先から入渓した、水温は5度・・・やはり時期尚早か・・・2時間程歩いてみたが生命反応は無かった・・・・・

 11時溪をあがり別の支流へ向かい早めの昼食を摂って12時少し過ぎには溪に浸かった、ポツポツと生命反応が現れ、6寸前後が顔をだしてくれた。

平水より少ないが遡行し易くて丁度良い水量であった。

 

 午後から別の支流へ移りボツボツ岩殿が顔を出してくれた。


 徐々にサイズアップできました〜

 

 時折良型も混じって、質・量共に充分に堪能させて頂きました

 

2019ようやく片目が開く事が出来たかな。

 

北上

2019,03,09(土)晴れ

 先週日曜に雨となり解禁が1週間遅れてしまった。

AM6時30分、若邸を廻っていつものセブンでカップ麺におにぎりを仕入れモーニングコーヒー飲みながら塩の道を北上する半年ぶりのルーティーンである。

 下流のポイントには先行者らしき車がポツポツ見受けられたが、車止めには車は無くそこから釣り上る事にする、水温は6度天候は良いのだが気温が上がらず寒さで毛ばりを結ぶのに時間がかかる。

 午前中ドライに5回ほどアタックがあったもののフッキングできない、上流で工事がおこなわれている様で昼前に濁りが入り残念ながら少し早めに溪を上がって下流のポイントへ移動。

 

 

 午前中2組に先行されたが時間が経てばと期待したが生命反応は無い・・・

溪を移動するとカゲロウが飛び始めライズは起こらないが姫の反応は時折見受けられ、解禁初天魚を何とかゲット出来ました

 

 2019初・天魚 今年も宜しくお願いします。

 解禁に姫の顔が拝められ本日のノルマギリ達成できました〜

午後から強風と花粉に見舞われて折れそうなお爺の心をちびっ子が癒してくれた。

 

 若様一日お付き合い頂きど〜もでした、次週は九頭竜詣でとの事、吉報をお待ち申し上げます。

解禁間際

2月も終盤、解禁のカウントダウンが始まりました。

 

実家で使っていた間仕切りの建具(引き戸)テラス入り口のドアーに使う事にした。

 

ガラスの保護と和風イメージに縦格子を制作。

 

ただ今はこげな事をしている場合ではないF川支流の年鑑はゲットしてきました♪

 

 

 

 

屋根

屋根の貼り替え

 

雨が降る前になんとか💦

 木製垂木の上にアルミパネル受けを設置して木部の濡れを防止。

 

 先週下地まで終わっていたので午後2時、雨になる前に屋根が貼り終える事ができた。

屋根下地は釘を使わずに継手加工で強度を上げてみた。屋根材はアクリルから割れにくいポリカーボネートに変更。

 

 屋根を10cm長くデッキは5cm切り詰め、間口方向も左右に5cmづつ広げてデッキが少しでも濡れないように屋根サイズを変更。

 腰壁を鎧張りにして和のイメージを出してみた。

デッキ・テラスのリフォーム

 釣りのオフシーズン

 

中途ハンパになっていたデッキ&テラスの修理を再開、腐食したデッキの外周部分を張り替えて防腐剤を塗装、割れたアクリル板(屋根)を撤去して、サイズを一回り大きくアクリルからポリカーボネート屋根ヘ変更予定。

 

 腰壁は和のイメージに杉の鎧張りにして、屋根の撤去完了。

 

思いの他時間が掛かって屋根の下地もできずに終了、ほとんど雨が降らない事をいい事に野ざらし状態で本日の作業終了

 

最終釣行

2018,09,29(土)雨

 今シーズン最終釣行とAM5時目覚めてPCの天気予報を覗く・・9時位から90%F支流近辺には雨が降り出す予報

ダメ元で出かけるか迷ったが今カゼをひくのも困るので本日は断念‥という事でブログを更新。

 

 お爺の目は昨年辺りから急激にお爺になって近くが非常に見えづらく特に毛ばりの交換には結構手間取ってしまう様になってしまった、今年新たに老眼鏡が釣行の荷物に加わった。

 ペン型タイプの老眼鏡、なぜかイオンの物産展?に一つだけ売れ残っていた¥300

 回転式の太いつるに細いレンズ、ポケットに入れるようにホルダーがつく。

 

 収納時太い回転するつるがレンズの表裏を保護するのでケース無しでそのままポケットに収納できる、レンズの幅は15mmチョット太めのボールペンを胸に刺しているのと変わらない。

 使うのは毛バリを交換するときだけなので1日数回、度数1.0(1.5があれば)細すぎるレンズ・度数がどうかと思ったが毛鉤を見るだけならまったく問題なく使えた、フリップオンでメガネや帽子に取り付けるタイプよりは邪魔にならなくて非常に便利である。ホルダー部が弱い為、落として溪のゴミとならないようにフィールド仕様に若干工夫が必要である。(内ポケットに滑り止めになる様な生地を張り付けてみた)

 

信州へ

2018,09,23(日)晴れ時折曇り

 

 今日はちょっと早め朝5時若邸へ廻りいつもの塩の道をいつものようにセブン経由で北上する。

絵島が眠る桜の里へ着いたのは8時半、初めの橋から望む溪はマッ茶らけ・・・(^^;

 幾つかの河川を眺めてたどり着いたので水量が多い事は承知の上だがまさかの泥濁り、河川を移動すべく溪を横目に上流へ向かう峠超えのルートを選択。時折木陰越しに渓の様子を伺うと光の加減か・・茶色の濁りが消えている様に見える?

 

 上流部は水量はあるが濁りは薄く何とかフライが置ける状況に

 

 途中の支流から濁りが入っていた様で上流部は釣りができる状態で好ポイントには既に先行者の姿が、やむを得ず最上流部のポイントへ平水なら水量が少なく過去に1度だけ入渓した区間へ入渓する。

 岩魚・天魚の混生する溪の最上流部はやはり岩魚メーンか?増水の影響もあり流れのスジからはほぼ反応はない、落ち込み脇の巻き返しを中心に岩魚ポイントを責めていくと泡の下からゆっくりと横腹を見せて毛ばりを咥え込んだかに見えたが空振りに終わる。

 午前中同じようなシーンが3度、そのうち2度はかなりの良型かと・・・逃がした魚は大きい。

 

 午前中ちび岩×1、バラシ×2と厳しい状況 何とか無魚を免れる

 

逃がした魚の影が脳裏に焼き付けられ釣れなくとも午前中は充分なテンションを保つ事が出来た

 

 

 午後から中流域のポイントへ移動 入渓早々に8寸上 体高のある鍵盤天魚をゲット (^^)/~~

 

 午前中苦しんだ若も岩殿をゲット

 

 ヒロリンへお土産と思ったが・・・・美味しそうと言えば美味しそうだが・・

 

 本日の締め 9寸上 体高のあるチョット鼻曲りの天魚がご挨拶に来てくれた!

 

 お爺の復帰第2戦で良型の天魚が駆けつけてくれた、ここ2〜3年不調が続いていた桜の里が数こそ少ないものの数年前の活気が戻ってきた様である、鍵盤の様な小判紋をまとった砲弾型の体型の姫と面会でき充実した一日を過ごす事が出来ました。

 もうラスト1週となってしまった,若様一日お付き合い頂きありがとさんでした。

 

 午前中巻き返しから現れた信州の奴はひと月程お爺の脳裏で泳ぎ続けそうだ・・PM4時30分来年の桜が散る頃にまた会える事を願い 桜の里を後にした。 

猛暑

 昨年もかなり熱い夏であったが今年は異常な状況になった、ポケットの容量が大きいメッシュのベストが見つかったのでネットで購入。

 

 パタゴニアのコンバーチブルベスト

 両脇が無い形状で非常に風通しが良好、ポケットはかなり大きいので溪に持ち歩いている、ミラーレスのデジカメ(GF−2)大きめのフライBOXも楽に収納できる、内側にもポケット多数と収納力は充分すぎる、しいて言えば背中大きなポケットが一つなのでもう一つポケットがあれば使いやすいと言ったところか。

 〇印 襟の下にあるハイパロン(樹脂製)が何に使うのか良くわからん?

 

 

 使い方が解らない?サイズが異なる穴が4つ・・・なんじゃこりゃ

 

 ホームページも見たのだけれど何に使うのか説明らしき記載はない、他のベストにもみなついている・・・そのぐらい見て判断できんのかい!なぜか怒られている様な空気が伝わる、ピンオンリール等の小物を取り付けてみたパタゴさんの意図に即しているのか・・・(^^;

 

 暫く療養している間に猛暑が終わり秋の気配が漂う今日この頃、本来の出番は過ぎてしまったが来年からの良き相棒になりそうであるきっと来年は活躍するであろう(^^)/~~~

 

  ながつきの せなかをぬける むしのねに

 

                        詠み人 永井 夏保美

CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
今何時
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.