リールのメンテ

 グリスがキレて擦れる様な音がし始めたので分解してグリスアップした。

稀にであるがS字ハンドルにティペットが絡むトラブルが発生する事があり、シングルにすればトラブルは半分になるだろうとハンドルを自作したが、太さと表面の変色がまばらな事プラスチック製の取っ手が今一つで再度修正した。

 ハンドルを細く削り直して若干であるがスマートなイメージに変更。 

表面にポンチで細かく凹凸の仕上げにした、材質がブロンズの合金で時間が経てばブロンズ特有の色に変化するのであるが回転する際に指に触る部分が色が変わってしまうので凹凸を付ける事で変色の度合いを少しでも防げると考えたが・・果たして効果があるものか、一年経てば答えが出るかと思われる。

 南アルプスの鹿角を取っ手に取り付けた。

取っ手のネジはマイナスの逆ネジが理想であるが、市販されている物が無くステン・トラス3mm*20プラスネジにマイナスの切込みを入れて頭を平らに削り低頭のネジに改良した、若干プラスのネジ頭が残ってしまったがこれ以上削ると頭が無くなってしまうのでご愛敬という事でいつか旋盤を手にするまでの仮設となった。

7→6,8

 今年7月初めに折れて修理したロッドティップ、6本の竹を張り合わせたバンブーロッドの1,5本がポッキリ折れて残り6分の4,5本はファイバーが繋がっていたので何とか治るかと思ったが修理して早々2度目の釣行でティップに絡んだラインをはねる様に引っ張ると軽くやったつもりだったがラインの反動は思いのほか強かったようだ・・・・ポッキリ・・・(-_-;)

 

前回折れた同じ場所、バット側から10cmでポッキリ折れてしまった。

 

 新しくティップを作り直すしかない状況、いつか自作のロッドを作るようになるまでお蔵入りと思ったが、それまでの仮の修理として10cm(4インチ)短い竿にして使う事にした。

ガイドの位置等若干無理はあるがあくまでつなぎとしての修理である・・・💦

4インチ切断して補強に白い(後でクリアーに)糸で段巻きした

 

 4インチ移動してもブランクの太さはほぼ同じなので元のフェルールを外して付け直した、ガイドの位置がこの間少し長くなってしまうがガイドを着け直す手間といつか新しいティップを作ったときにまたガイドの付け直しを考えるとガイドはそのままがベストではないが良しとした。

 

段巻き部分に不陸ができて修理したのがバレバレに・・・ならば補強の為にたっぷりエポキシを塗りこんだ。

 

 リハビリをかねて軽い作業をやり始めた、少しづつではあるが竿と同じように身体も来年の準備を始めた

 7フィート2ピースの竹竿が3度の手術を終えて6フィート8インチ4ピースの竿に変身、来年の解禁に向けて準備を始まった。

涼しいハズだったのだが

長い事更新せず1月半前の釣行記を掲載する事に・・・

 

 8月26日 (晴)いつもより早めに若邸を廻って塩の道を北上する、車中いつものように今日は何処へ行きまっか?エラク熱くなりそうなので例の涼しい処へという事で白色岩魚の渓へ向かう事になった。

 この処の様子から型・数共にあまり期待はできないが、暑さでバテバテになる事を考えると魚≦涼が優先された。

 

 いつも先行者がいて入れなかったポイントに本日は車が無い、想像以上に外は涼しく、チョット早めの出発と渓の選択が正しかったと釣り支度にも気合が入る、涼しい林道歩きに会話がはずむが直ぐ横を流れる渓相に我慢できず10分も歩かずに渓に浸かる事にした・・・💦

 

残暑きびしいこの時期でも水温11℃ 早朝は外気温も22〜3度だったかと思われた(記憶がは定かでない)

 

 それなりに岩魚の活性は高く人気ポイントでスレキっているだろうと思っていたが巻き返しなど岩殿がいそうなポイントからは顔を出してくれた初めてのポイントで上へ上へと足が進む

お目当ての白岩魚が時々出迎えてくれた、上流部では朱点?オレンジ?が多いものが目立った。

 

良型には恵まれなかったが、数釣りは出来たので充分であった。

 天魚の朱点に比べオレンジっぽく点は大きい。

   

図鑑等では目にしていたがこの様な生きた個体を目にしたのは自分は初めてかと思う。

 この日水温・気温共に低く涼しくて気持ちの良い渓歩きになるハズだったが、昼前位から足腰が以上に疲れ、涼しいはずの渓なのに異常に汗をかき頻繁に水分補強が必要になった・・・? 普段持ち歩いている500mlのペットボトルは昼時にほぼ無くなっていた。

 午後3時頃まで渓を彷徨い車へ戻り若干長い距離を歩いたのかも入れないが何か体調がおかしかった、この処の猛暑で夏バテと高をくくっていたのだが。

 1週間が過ぎても筋肉痛・足のむくみが取れなく医者へ行き検査したが1か月間程、原因不明で体重は10kg以上減って歩くのが精一杯という状況に悪化する一方であった。

 いろいろ検査を繰り返してようやく原因が解って先週10月5日から治療が始まり、数日前から薬が効いてきたようで食欲も回復して気力も少し戻ってきた。

 禁漁までには一度渓に浸かりたいと思っていたがそう簡単には回復しそうにないので今年(10月末)は間に合う事はできないかな、デスクワーク位は何とかできるので会社には通勤しているが身体中の筋肉が無くなってしまったので渓に浸かる体に復活するにはしばし時間が掛かりそうだ。

 昨日から二女がくれたワンダーコアで腹筋を始めた、悪玉菌がポッコリ詰まったお腹は10年前に戻ったのでこれを機会に6つに割れた腹筋を年内に完成させなくてはならない。

 ご心配を頂いた皆さま取りあえず何とか生きております、ありがとうございました。(__)

早期撤収(灯台元暗し)

2017,08,06(日)晴れ

 朝6時若邸へ廻りセブンに寄って塩の道を北上する、ほとんど雨が降らないので何処も渇水は解消されないだろうと行く当てが浮かばない、初めの橋から見える川は平水?若干増水している。

 北上すると路面は濡れており朝方まで雨が降った様子が解った、取りあえず近場の支流の様子を伺うと、若干の濁りが残っているものの水量は平水を上回っていた。

 どうやら昨夜山間部だけは結構な雨が降った様だ。

 渇水が解消されればチャンスかもしれないと思いのほか早くに本日の溪が決定された。

 林道をしばし歩き8時には溪に浸かる事が出来た、水量は若干多く少し濁りが残っている、入渓早々初めのポイントでフッキングは出来なかったが若の毛ばりにアタックがあった。

 その後もそれらしいポイントでは生命反応があり気合が入る(朝一釣れると次が続かないジンクスがあり)、本日若は入渓後1時間程で8寸上の岩殿を立て続けにヒットして絶好調〜、八爺の毛ばりにもアタックがあるがヒットできない状況が続いて若干焦りが出始めていると

 

 本日のお初はジャスト尺でした(^^)/、顔つきのやさしい岩殿がヒット

 

入渓後1時間半デルノラが続き毛ばりを蜘蛛からカゲロウに替えサイズダウンしてなんとかフッキングできました。

 水深があり岩に当たって巻き返しの流れ、如何にも岩魚好みのポイントから一度食い損ねてダメかと思ったがさらに2〜3度毛ばりを流すとガッツリ食ってくれました♪

 

プールの流れのスジからゆっくり吸いこむように咥え込んだ。

小さな当たりだったので7寸程かと思ったが思いのほか引きが強くネットに収まった姫は9寸の美人であった。

 

 鰭・肌艶・プロポーション3拍子揃った美人に出会う事が出来た♪

 

 出だしは出ても載らない状況が続いたが岩殿と姫共に良型の美人に出会う事出来た、期待ゼロの朝から終わってみれば今期最高の出来となった。

 若様お疲れ様でした〜てな訳で明日は仕事もあってチト?かなり早いが1時30分には溪をあがり帰路に着いた、あまりの早い帰宅にまったく釣れなかっただろうと哀れんだお上から日のあるうちからビールを進めていただいた(^^♪

 

遠征

 2017,07,22(土)晴れ後一時雨

 

 朝4時前清水港を出陣、新東名から東海環状道を経由して東海北陸道へ入り途中ひるがの高原PAにて朝食と休憩をとる。

飛騨清見ICにて高速をおり一般道を1時間半ほど走るだろうか9時40分目的の溪に着く。8月になると大量に発生するオロロ(目白アブ)の攻撃はまだ少ない、15分程林道を歩き10時には溪に降り立ち毛ばりを振る事が出来た。

 先行者と思われる車は3台いつどこへ入渓したかはわからない,渓の様子はホームのF水系と同様でかなり厳しい渇水情況と思われた。


 渇水と先行者の影 情況判断が難しいスタートとなった。

標高1000m下界と比べれば過ごしやすいが林道を10分歩けば汗が噴き出てくる。

 

 何処の馬のかわずか お爺の前でジャンプするとはまだまだ甘いぜよ!

翁は岩魚以外でも逃さない、前方にある生命体・動く物すべてがターゲットとなる。

 

 今回からパワーストレッチUVアームカバーを装着 

 先週カズさんに教えてもらったアームカバーを早速に試してみた、真夏の炎天下の溪歩きでは半袖でいたい処だが、虫刺されやケガを考えると長袖が基本である・・・建設関係者御用達のワークマン(作業着専門店にて700円程度で購入)1800円程のものもあったが説明書きはほぼ同じ?700円でエエか岩肌の迷彩色があったのでゲットしました。

 

3時頃までは晴天に恵まれて結構な汗を流させていただいた。

 

  標高の高い渓では真夏でも晴天の下が心地よい下界の猛暑にはもどれない・・・

 

 上流へ移動してしばらくするとパラパラと雨が降り出だした、恵の雨?と期待したが2〜30分で雨は上がり渇水した溪を潤すような状況には程遠い雨だった。

 それなりに数を見る事はできたので本日は早めに宿へ戻り冷たいビールで夜の反省会の開催となった。

 

                                                          この処 記事の掲載が手間取っております・・・(^^;

 

 

避暑

17,07,17(月)晴れ

 3連休の土曜夜から江戸の孫が来清していたが月曜早めに帰る事になりお爺は連休最終日は川へ浸かる事になりました、AM5時10分若邸を出陣していつものセブン経由で塩の道を北上した。

 6時道の駅にてカズさんと合流し甲斐の国は白岩魚の溪へ向かった、真夏でも水温が低い溪なのでこの処の猛暑から少しは逃げられるかもと期待しての出陣であった。

 おじんにはこの夏の暑さはこたえるのであった・・・・

 

 G3 白岩魚サミット開催、8時50分溪に降り立つ。朝一は少し肌寒い程であった。

上流部には先行者と思われる車がポイントごとに止まっており、やむをえず少し下流へ戻って3人で釣り上る、入渓直後は生命反応があったがその後はほぼ反応ゼロに、しばらくして先行者が前方に現れて・・・・後を追っていた様だいったん溪を上がる。

 AM何とか無魚を免れるのが精一杯となった。

 

 昼にはまだ時間があったので朝一若干反応があった入渓点から200m程本流を下って昼までの時間調整に再入渓した、魚影は濃くはないがそれでも時折生命反応が現れた。

 

上流ではほとんど反応が無かったが、中流域ではポツポツと挨拶を頂けた

昼食後さらに3〜400m下流へ下り本流を釣り上る、渇水が続いて水位が下がっている、平水ならば川通しがきついだろうと思われるポイントも本日はスムーズに釣り上る事が出来た。ただ肝心の魚影はチト薄いので2時間ほどで裏山のポイントへ移動した。

 

 

 裏山ではちびっこが挨拶に来てくれた。本日も兄さん・姉さんはご不在でした。

 

 狭い支流を3人で前になり後ろになりとテンポよく釣り上る、岩陰の奥に隠れた真っ黒い岩殿が時折現れる、午前中の白岩魚と午後の黒岩魚 モノトーンの岩殿が一日お付き合いいただいた。

 

 白岩魚と黒岩魚の溪は心地よい避暑地であった。

 

 気温・水温共に計り忘れてしまったが途中若干背中に汗がにじむ程度で過ごすことができた、下界の猛暑とは無縁の涼しい溪を散策出来たのが本日最大の釣果となった。

 

 

こころ折れて

2017,07,02(日)晴れ

 前夜会社の総会があり懇親会&2次会に出席早めに帰路に着いたつもりであったが・・・・帰ってからの記憶はほぼ無い(^^;

5時45分起床、二日酔いは無い様だが・・・ど〜すっかな・・・チト迷っていた(かなり熱くなるらしい)体力が持つだろうか。

前回帰り際反応の良かった駐車場から入渓、8寸には届かないがまずまずの姫が挨拶に来てくれた。

 

 その後100m程釣り上がると稚魚放流されたと思われる8cmクラスが空を飛び6寸から上のサイズは忘れた頃に現れる程度になってしまった。 

 魚影が薄くサイズダウンして集中力が落ちたのか枝にかかった毛ばりを横着して強引に竿を振り引っ張った瞬間に背後の岩にロッドティップが当たってしまった・・・・💦 AM11時にいったん溪を上がり林道を駐車場へ戻る。

 

 早めの昼食をとり午後の部へ再度林道を歩こうかとも思ったが心も折れて12時帰路に就く。

 

貼り合わせた6本のうち1本半が完全に折れてしまったがそれ以外のファイバーは残っている・・・

1.5/6・・・つまり1/4が折れてしまったが3/4は繊維が生きている訳で何となく何の根拠もなく治せる気がした?

一般的にはフェノール系かウレタン系を使って接着するらしい、ガチガチに硬くなってしまうエポキシ接着剤では竹のしなりを殺してしまうので接着力に+柔軟性を求めている様だが今回折れた接着では(長さ5cm程)柔軟性よりも強度重視の方が良いのかと・・・勝手に推測する?

 それでも若干柔軟性があるかと思われるエポキシ系接着材(Araldite)を選んでファイバーの隙間へ流し込みできるだけ薄くすることで竹のしなりに影響しない様にと考えた、はみ出た接着剤は硬化後に削り落とした。

 

 ファイバーの接着硬化後に表面にはみ出た接着剤を削り落としてスレッドを巻いた。

 スレッドは細くて強度のある化学繊維を選んで、ファイバーが完全に折れてしまった部分には長手方向にもスレッドを中に挟み込んで補強として入れてみた。 

 

 

 仕上げにスレッド用のエポキシでコーティングして完了。

 

 5cm程とは言ってもエポキシで接着した事とコーティングの重量でアクションにはかなり影響がでるかと思われる、エポキシによる接着がはたして正解なのか?

 プロの方からすればこれだから素人は困ると言った修理なのかもしれない・・・・💦

一般的にエポキシ系の接着剤はカチカチに固まってしまうので竹竿の接着には使われないものであるがエポキシ=樹脂であり接着面が薄ければ柔軟性も出るハズで接着面があまり長くない今回の場合フェノール系よりも適していると考えたが・・・・・

 

 結果は現場で実証するしかないのであろう、フィールドテストの結果はまた近い内に報告させて頂きます〜

 

豪雨

2017,06,24(土)晴れ時折曇り AM5時50分若邸を廻り清水港を後にした。

 

 21日の豪雨(清水の街には避難準備勧告が発令)部分的に国道一号線も水没の為大渋滞し静岡へ向かっていたおっちゃんも国道1号線で立ち往生、新幹線も止まったり東名高速も一時不通になったらしい。

 

 先週までの酷い渇水が心配された河川状況だが逆に大雨による被害がでていないか心配された。TV・新聞などのメディアでは一般市民の生活に影響する気象情報や交通情報等は報道されるものの当たり前だが渓流釣り師が心配する様な人里離れた山奥の情報等はニュースとして扱われるはずもなく自らの目と仲間からの情報から判断するしかない。

 しかし今回の豪雨は海岸沿いに集中したようで山間部では大した雨にはならなかった様であった。

 

 塩の道を北上しながら通過する河川の水量等を確認して本日のポイントを絞っていく、初めは甲斐の国の北部へ行こうと考えたがF川本流の水位が平水よりかなり少ない事が判明し山間部へ北上するほど渇水状況は解消されていないと本日は近場の支流へポイントを決定する。

   

 若干の水量は回復されたが支流や枝沢では平水に比べ5cmは水位が下がった状況だった。

 

 時折稚魚放流と思われるちびっ子の反応があるものの良型の反応は厳しい

 入渓後30分程で7寸上と面会出来たもののその後はサイズダウンなかなか6寸に届かない

支流へ潜り込んだがこちらは水量が少なく元から水量の少ない支流は平水より5cmは低いだろうか、かなりシビアな状況となりいつもより生命反応も半分位だろうか。

 

小さな滝つぼのエグレにひそんでいた、(要検査指摘あり)あと少し足りなかった(^^;

 

 滝つぼの上流側から岩のエグレに何気なく毛ばりを投げると水底から浮き上がってきた、目いっぱい口を広げて食いついてきたのでやたらと顔がデカく見え尺は楽に超えているかと思われた、やっちまったかけたは良いが取り込むには不可能な場所に立っていた・・・左手に持った竿のテンションを緩めないで(バーブレスにてテンションを緩めたらバレてしまう・・・)滝つぼの下へ降りて行かねばならない、何とか大岩を降りて取り込みに成功した。

 若干顔のでかい岩殿だったので尺神と思ったがチト届かなかった、大きな鰭とチョットデブ気味(中性脂肪が多く腹部に余分な肉がついている、先日の健康診断にて要検査指摘あり)取り込みにチョット冷や汗をかかせて頂いた。

 

 早めに車に戻ったので駐車ポイント近くを散策してみた。 

 残念ながら21日の雨では甲斐の国の水不足は解消されなかった24日から1週間雨模様の天気予報である、適度な雨で水不足の解消を祈るしかない。

 灯台元暗し、駐車場のすぐ下でバラしてしまったが8寸程の良型天魚が顔を出してくれた、林道をテクテク歩いた出釣だったが駐車スペースのすぐ横が魚影・サイズ共にベストだったかもしれない。 

 

 

渇水

6月21日空梅雨が一変して土砂降りになり清水港では避難勧告が通知された、全国的にもJR・高速道路も一時ストップ先週までの異常な渇水状況から豪雨によって一変した渓の様子が心配される。

 

 先週6月17日(土)前夜会社の飲み会がありチト遅めの出陣となった、渇水状況を予測して普段水量の多い溪を選択、朝一は上流部へ入りいつもの堰堤上に降りると、干上がった河原が100m程続き唖然とする、ようやく流れが現れたものの細々とした流れと小さなプールが続き・・・時折姫の姿を見つけるが流れがないと姫や岩殿もこちらの動きには敏感に反応して容易に近づくことができない、アプローチの難しさを改めて知らされた。

 いつもなら流れのあるポイントが本日は鏡の様なプールになっていた

今まで見た事のない渇水状況に上流は諦め、早めの昼食を摂って午後からは中流へ入ってみた、水量は少ないが上流の異常な様子に比べればそれなりの流れを見る事が出来たが姫の姿は少なく型も今一つであった、しかし岩殿は元気でそれなりに面会を頂く事が出来た。

 

 6寸程本日のアベレージサイズのちび岩君がボチボチ挨拶に来てくれた。

 どうやら本日は岩魚のスイッチが入っている様で普段天魚が多いポイントであったが8割がたが岩魚となった

 

 マズマズサイズもゲットできました〜

午後の後半になると稚魚放流がおこなわれたポイントに入った様で10cmに満たないちび天魚の猛攻・歓迎会も開催されて(^^;来年にもつながる状況に安心する気持ちも持てたものの異常な渇水の影響はいかがなものか心配された・・・・

 

 自然産卵床と思われる上流や枝沢の渇水が心配さる、21日の雨が山間部に恵の雨となると良いのだが。

 

高遠

6月10日(土)晴れ後曇り

 5時30分若邸を廻り塩の道を北上した、毎年一度はおと連れていた高遠だったが昨年は所用が重なり行けなかったので2年ぶりの遠征となった、以前はGWにお邪魔するパターンが多かったが釣り人によるプレッシャーと低水温で今一つ釣果が伸びない為ここ数年は5月後半におと連れる事が多くなっていた、今年は若干遅めの6月の出陣となった。

 9時11分出陣式を行う、天候良し気温も丁度良く気持ちの良い一日になりそうである。

釣り人らしき車は無く本日は貸し切り状態、溪の状況は例年ならちびっ子の出迎えを頂けるのだが入渓後生命反応は限りなく薄く姫は何処へ行ってしまったのか・・・

 

 入渓して30分程  ようやく岩殿をゲットできました 

 

 新緑の木漏れ日の中  気持ちの良い渓歩きだったが、姫がいない・・・

姫は釣り切られてしまったのか、放流がおこなわれなかったのか、隠れて動かないのか・・はたまた時合なのか?毛ばりを追う姿やこちらに気づいて走る姿も稀である、原因は解らないが魚影が少ない事は明確であった。

 

 岩殿とちび姫様を何とか2尾づつゲットできたが大変厳しい一日になった。

 

 ここ数年の中では最も厳しい結果に終わってしまったがバランスの良い鍵盤アマゴのDNAは受け継がれている事は何とか確認できた、来年に期待して本日チト早めに高遠を後に帰路へ着く。

 

 数年前から決まっている、帰りのルーティーン八ヶ岳PAにて山菜そば舞茸丼セットを頂き清水港へ向かった。

 

 

CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
今何時
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.