メモ書き

今期からホワイトボード(100均)をサンバイザーに挟んで出かけている。

バイザーにぴったり入る様にサイズはおよそ半分程に切断加工して普段はメモ書きに利用している。
 入渓時間とおよその釣行予定をメモして置いていく、特に車止めから歩いて入る様な場所では後から来る釣り人の入渓ポイントの参考に、頭はね等が少なくなってトラブルも少なくなるのでは・・・


 先行者の様子を気にしないで溪を歩けまっせ 是非皆さんもやってみませんか!


 マズマズの姫様からの声援も頂けた(^^♪

 2014年から使っているリトルプレゼントのライトウェイトWD、丁度丸2年経過と思われる。

 

 こいつの前に買った靴が2〜3回履いただけで靴底が剥離してダメになり比較的安価なものを買い替えた方が良いのではとリトルプレゼントの靴を(1万円程)で買ったと記憶している。

 靴底が薄いゴムでできているので柔軟に曲がり,サイドは布が多く軽い造りになっている、一般的に足を保護する為に頑固に作られているものが多く、その為靴底は厚く側面も硬い皮で作られて重たい仕上がりが多い、結果1〜2年で硬い底は割れたり剥離が始まってくるものが多いかと。

 

 この靴は柔らかくて軽いので非常に歩きやすく気に入っている、前回goo〜さんと釣行の際は久しぶりに古い靴を履いて行ったら重たくて足がつりそうになった(お爺の筋力低下が一番の原因であるが・)お爺にとっては足を守る為に重たくて頑固な靴は疲労を呼んで転倒などの危険な目に合う、ある意味危険な靴かと思われる・・・

 

 しかしこの靴の欠点もある、つま先とかかとを補強してあるゴムに細かいひび割れが多数発生し、中にはぱっくり割れてしまった所も出てきた。ゴムに剥離は発生していないので未加硫ゴムに近いものが使われていると思われる(未加硫は接着性は良いのだが紫外線には弱いつまり劣化が早いのが欠点である)このままだと表面がボロボロになるのは安易に想像された。

 

 今回はフェルトの張替えと同時にゴムの表面をセメダインのスーパーX(接着剤)でコーティングしてみた変性シリコン系の接着剤は硬化後の柔軟性と比較的紫外線にも強いハズでゴムの劣化を抑えられるものと考えたが・・・・果たして効果はあるのだろうか結果はいずれまた、報告します〜(^^;

 硬く頑固な靴=安全ではなく軽くて疲れない靴も必要な条件と思うのですが如何なものだろうか?

  • 2017.11.11 Saturday
  • 01:29
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2016/06/27 3:38 PM, goo~ wrote:
先般ご一緒した時も、ササッと書いてダッシュに置いてたね。
(オオッ、カッコいい!!)と思って見てましたよ。
オヤジの余裕、ってのかな?おいらも真似させて貰います。

リト・プレのウェーディングシューズは拙には最悪でした。
中で足が動くしフェルト巾が狭いしで、我慢の限界超え〜。
山岳での釣りでは(帰れないかも・・)と何度か思いました。
釣具屋のオヤジ曰く「そんな事言うのはアンタだけだよ。」
だって!あんまり頭にきて燃えるゴミに出しちゃった。

足許は命に関わるから、悩みは尽きません。
2016/06/27 10:46 PM, カズ wrote:
なかなか良いアイデアですね。私も早速やってみます。
シューズは確かに軽いのがいい。
以前はアングラーズハウスのズックタイプが好きでした。ただ、だんだん小さくなってくるので、足が痛くなり、あきらめました。
最近はシムスのBibramがラバーソウルですがお気に入りです。
2016/06/28 9:14 PM, 八兵衛です。 wrote:
goo〜さん今晩です
先日はど〜もでした
雨が続いて渇水は回復したかな?
その後葬儀やらごたごた続きで溪に浸かれない日々が続いております(^^;
靴は人それぞれ
サイズがあっていないと厳しいすね
自分に合った靴が見つかり助かってますが
いつか買い替える時に同じものがあるかどうか?
やはり靴には悩み尽きませんね
2016/06/28 9:23 PM, 八兵衛です。 wrote:
カズさん今晩です〜
メモは残しとけば何かと便利かと
あってはまずいですが事故に在ったときにも
役に立つかもです・・・(^^;
ラバーソール軽くてよさそうですね
ラバーは滑る?このイメージから脱却できず
手が引けてます
フェルトは水を吸って重たくなるのが難あり
やはり悩むところですね
2016/06/28 9:44 PM, よねさん@鱒美 wrote:
メモ書きは、後から入る釣り人にとって、ありがたいアイデアではありますね。
実際に自分も、先行車がありながらも入渓することがありますが、明確に釣り人情報であれば、それなりに戦略も建てられますから、こういう配慮というのは嬉しいものだと思います。
ところで、自分は年間50回以上渓に行っているので、足回りは重要だとは思いながらも、出来るだけお金を掛けないようにしております。それで、長年の経験から、出来る限りヒップブーツで流れに臨んでおります。
浸透性の無い物なら5000円程度で手に入り、ワンシーズンは耐えてくれるので、ありがたい買い物かと思っていますよ。深いポイントには入れませんけれどね(^^;
2016/06/30 12:45 PM, 八兵衛です wrote:
よねさんコンチです〜
メモ書きはさわりなければやってみて
ウェダーと靴は使用頻度でかなり違うでしょうが
3年くらいで水漏れ発生・・修理してごまかしながら使って5年でしょうか?
靴も2〜3年でフェルト交換ものによっては2〜3年で交換かもしれません
 道具の中では一番コストがかかる処ですね、長持ちさせる工夫でだいぶ違ってきてますよが
サイズが合わないとかあるときついですね・・・(^^;
2016/07/07 12:12 AM, アマゴ27 wrote:
こんばんは!(^^)
後追いに親切な表示は、良いですね。
スーパーXは、自分も必需品です。(^^)
2016/07/09 7:21 AM, 八兵衛です。 wrote:
アマゴさんおはようです〜
えらい事だった様で油断大敵気〜付けてね
軽傷?だった様でせめてものすくいかな・・・
スーパーXは便利ですね
ウェーダーの水漏れ修理にはGoodです
今回のコーティング材としては
果たして寿命があるかどうか?(^^;
Add a comment:









Trackback:
http://flyman-hati.jugem.jp/trackback/686
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
今何時
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.